2017年05月11日 - 鹿児島市のカギ作成ブログ|レスキュー24鹿児島

レスキュー24鹿児島
24時間対応!!車・バイクのカギのお困り事なら何でも対応致します!
2017年05月11日 [ダイハツ]
 
1

 最近は、リモコンタイプとスマートキータイプのどちらかのケースを利用している事が多くなっております。スマートキータイプでも、発売時期やグレードによって、「プッシュスタートボタン」と「ツイストノブ」の2種類があります。また、タントの傾向として、2005年06月以降から「盗難防止装置:イモビライザー」機能を標準搭載しているのも特徴となります。

2

レスキュー24対応状況
2003(平成15)年11月の発売モデル〜現行まで全て対応可能です。少しでも安くタントの鍵を作りたい場合は、私たちにお任せください!レスキュー24では、お電話いただいたその日に現場に急行し、その場で即日復旧を目指します。鍵を紛失した際の、鍵の作製をはじめ、リモコンキーが効かない・鍵を閉じ込めた・鍵穴を壊された・・・など、まだまだ色々あるとは思いますが、鍵に関するトラブルには全て対応させていただきますので、最近は、リモコンタイプとスマートキータイプのどちらかのケースを利用している事が多くなっております。スマートキータイプでも、発売時期やグレードによって、「プッシュスタートボタン」と「ツイストノブ」の2種類があります。また、タントの傾向として、2005年06月以降から「盗難防止装置:イモビライザー」機能を標準搭載しているのも特徴となります。



ツイストノブタイプ

ツイストノブを回せばエンジンスタートとなります。


プッシュスタートボタンタイプ
3

4
スタートボタンを押せばエンジンスタートとなります。

ダイハツ車で多くみられる鍵の形状

ダイハツ車ではよく利用されている長方形型のスマートキーになります。今回の写真は片側スライドドアタイプを見本とさせていただきました。鍵の上部のレバーを動かすと、キーホルダーの引っかけ部分を引っ張る事が出来、そこにエマージェンシキー(非常用の補助鍵)が入っております。ご利用ケースの多くは、スマートキーの電池切れの場合だと思います。非常用の鍵を利用してのエンジン起動方法については、ダイハツのタント説明書に記載されておりますので、メーカーHPも合わせてご確認下さい。


プッシュスタートボタンタイプの場合は、エンジンを掛ける際に車の鍵穴に鍵を差し込む必要もありません。近くに置いているだけで電波が反応し、ボタンを押すとエンジンが掛かります。こういった鍵の形状を「スマートキー」という愛称で親しまれておりますが、厳密にはダイハツ車の場合「キーフリーシステムの電子カードキー」という名称になっております。多くのケースでは「盗難防止装置:イモビライザー」機能が搭載されているため、鍵と車内コンピューターとでデータのやりとりを行うことによって、登録されていない鍵を利用してのエンジン始動が出来ないシステムとなっております


タント_L350S_2004年式

タント_L375

タント_L375

タント_L375

タント_L375


対応状況
2003(平成15)年11月の発売モデル〜現行まで全て対応可能です。少しでも安くタントの鍵を作りたい場合は、私たちにお任せください!レスキュー24では、お電話いただいたその日に現場に急行し、その場で即日復旧を目指します。鍵を紛失した際の、鍵の作製をはじめ、リモコンキーが効かない・鍵を閉じ込めた・鍵穴を壊された・・・など、まだまだ色々あるとは思いますが、鍵に関するトラブルには全て対応させていただきますので、レスキュー24まで、お気軽にご相談ください! ルタント・タントエグゼ関係なく、タントシリーズ全てに対応出来ます。

56

2017年05月11日 [ホンダ]
o4


ホンダ・オデッセイの鍵

1994年にセダン感覚のワンボックスとして発売以来ホンダの大人気車種ですが、年代とともに鍵の仕組みも大きく変わってきました。3代目オデッセイ(2003年10月のRBシリーズ)より、イモビライザーが標準搭載となり、昔ながらの「シリンダー型」から、つまみを回すとエンジン始動可能な「ツイストノブ型」も導入されました。5代目オデッセイ(2013年11月のRCシリーズ)からは、プッシュスタートボタンを押してエンジン始動する箱型のスマートキータイプに変化し始めました。発売当初より、ホンダ車ではよく見られる鍵のギザギザが特殊加工された「WAVEキー」を利用しており、「ホームセンターでは、スペアキーが作れないので困った!」というお問い合わせを多く頂いております。またイモビライザー搭載の目安として利用される、鍵の付け根に「V」
刻印が入っているのも特徴の一つといえます。




1.シリンダー型
昔ながらの鍵を差し込んで回すタイプの鍵。リモコン付きの鍵の場合、キーレスキーと呼ばれます。

2.ツイストノブ型
hondaスマートキーを持っていればツマミが回り、エンジン始動出来ます。なお、RB1前期型はカード型が主流

3.hondaスマートキー
RB1の後期型より、カード型ではなく箱型になります。

4.プッシュスタート型
ツマミを回すのではなく、ボタンをおしてエンジンを始動します。

Hondaスマートキー・・・

スマートキーという名称で親しまれていますが、RB1前期型の頃のカード型は、スマートカードキーシステム、それ以降の箱型は、Hondaスマートキーとなっております。名称や形状は異なるものの、どちらも携帯していれば、鍵を差し込むこと無くエンジンを掛けることが出来ます。普段は便利に使える機能ですが、問題は電池切れの場合に対処方法が分からないと非常に困ります。HONDAの公式ページから抜粋しますが、カードキーは電池切れや突然の故障などを考慮し、キーレスエントリー一体キーも一緒に携帯してください。と記載があります。それに対し、箱型のスマートキーは、エンジンスイッチノブ(ツイストノブ)に直接鍵を差し込んで回すことによりエンジンを掛けることが出来ます。また、プッシュスタートボタンタイプの場合は、スマートキーのHONDAマークをエンジンスタートボタンに当てボタンを押すとエンジンの始動ができます。
3代目オデッセイ(RB1)より全車標準でイモビライザー機能が入っています

スペアキーの作製や紛失状態からの鍵作成など、新たに鍵を追加するケースでは、「盗難防止装置:イモビライザー」が搭載されているかどうかにより、作業内容や見積が変わってきます。イモビライザーの機能を簡単に説明いたしますと、オデッセイの車内に小さな制御用コンピューターが入っており、鍵にもチップ型の通信機が入っております。あらかじめ、車内のコンピューターには利用する鍵が登録されており、その鍵以外では、「エンジン始動」が行えないように制御してあります。そのため、イモビライザー機能が搭載されている車両で新たに鍵を追加するのであれば、車内コンピューターの編集作業も必要となります。
オデッセイ_イモビライザー機能の説明

クラシトキー作業員
イモビライザーが搭載されているかどうかの目印は、純正キーの根元にあるアルファベットの刻印でも判断できます。オデッセイに限らず、ホンダ車の場合は全て同じ考え方が出来ます。

刻印見本
鍵にアルファベット「V」刻印が付いているのが確認出来ますでしょうか?

様々な刻印
イモビライザー装備車には、「R」「V」「H」「S」「F」「L」と刻印あり。「N」はイモビライザー非装備車です。
よくある質問
リモコンタイプの鍵を使っているので、イモビライザーが入っているという誤った認識のご質問をよくいただきます。リモコン機能とは、手元の鍵で「ドアの開け閉め」を行うことが出来る機能で、イモビライザーの有無は本来関係ありません。リモコン機能の事を「キーレスキー(キー→鍵、レス→無し)」と呼びます。確かに「キーレスキー」の場合、イモビライザー搭載のケースは多く見られますが、必ずしも搭載されているわけではないため、判断基準とはなりません。

キーレスキー見本
中央にボタンが付いているタイプです。これだけではイモビライザーの有無は分かりません。

イモビのチップ見本
左上にある小さな台形のようなものが、イモビライザーのチップとなります。
オデッセイは鍵の形状も特殊形状です

ホンダ車で多く見られる鍵の形状
ホンダ車で多く見られる鍵の形状
ホンダ車やスバル車の一部(レガシィなど)で多く見られる内溝にギザギザを作る鍵の形状は、「ウェーブキー」と呼ばれ、一般的なギザギザタイプの鍵に比べセキュリティーが強固になっているのが特徴です。ギザギザに外側を削る鍵とは異なり、内側を削っていくため、専用の機械が必要となります。そのため、ホームセンターなどの一部の設備しか設置していないところでは、お断りされるケースが多くなってまいります。また、鍵の閉じ込めなどで、開錠作業が必要な場合も作業料金が異なってまいりますのでご注意下さい。エリシオン、インテグラ、シビック、ステップワゴン、フィット、モビリオ、エディックス、アコード、エレメント、インスパイア、レジェンド、S2000等の現行の車は殆どこのタイプの鍵が採用されており、軽自動車のライフ、ゼストでも採用されています。

ウェーブキーの作製
特殊な工具を使い、内溝のギザギザをカットします。

ウェーブキーの作製
正確なキーカットを行うため、コンピューターで読み込みします。
オデッセイのよくある鍵トラブル

オデッセイに限らず、ホンダ車ではよく利用されているタイプのカギですが、キーの付け根部分に負荷が掛かり過ぎるため、「鍵が折れてしまった」「鍵が折れそう」と言った問合せが多くございます。キーケースが割れたり、鍵足(金属部分)が折れただけなのにスペアキーを作成するとなると、リモコンキーの場合、リモコン機能の再設定もする必要が出てくるため、料金的に躊躇されてしまうと思います。ホンダ・オデッセイの鍵では、リモコンの機能的には問題ないが、キーケースが割れてしまった・折れてしまったという場合、ケース交換のみのご依頼を承ることが出来ます。キーケース交換は、郵送でも対応可能です。新しいケースにお取り替えし、キーカットも実施のうえ、お渡し出来ます。
ホンダ車の鍵:根本が取れた状態
ホンダ車の鍵:根本が取れた状態
ホンダ車の鍵:ケースが割れた状態
ホンダ車の鍵:ケースが割れた状態
こちらもオデッセイに限らず、ホンダ車ではよく利用されているタイプのカギですが、キーホルダー部分が割れてしまっています。キーホルダーを利用している場合、鍵自体の重みに耐え切れず、経年劣化を伴って割れてしまうケースです。
オデッセイの鍵作製・スペアキー作製、全てレスキュー24にお任せ下さい

特にhondaスマートキータイプの場合は、見た目が鍵の形状ではないため、紛失やスペアキーの作成時にはディーラーでないと対処出来ないと誤解をされているお客さまも多くいらっしゃいますが、レスキュー24であれば登録や追加作業をそのまま現地で行う事が出来ますので、レスキュー24まで、お気軽にご相談ください!

o2o2o1a2

2017年05月11日 [トヨタ:レクサス]
V5

トヨタ・ヴォクシーの鍵
リモコンタイプとスマートキータイプのどちらかのケースを利用している事が多くなっておりますが、最近はスマートキータイプが主流となってきております。なお、ヴォクシーの「盗難防止装置:イモビライザー」機能は、発売時期からの判断は難しく、2014/04発売分であったとしても、「非搭載」のケースもございますし、逆に2004/08発売分でも「標準搭載」のケースもございます。また2001/11発売分のみはオプション搭載が多く見られ、その当時、試験的に導入をしていたようにも見受けられます。この変則的な搭載状況は、トヨタ車のノアにも似たような傾向があります。


V2


プッシュスタートボタンタイプの場合は、エンジンを掛ける際に車の鍵穴に鍵を差し込む必要もありません。近くに置いているだけで電波が反応し、ボタンを押すとエンジンが掛かります。多くのケースでは「盗難防止装置:イモビライザー」機能が搭載されているため、鍵と車内コンピューターとでデータのやりとりを行うことによって、登録されていない鍵を利用してのエンジン始動が出来ないシステムとなっております。

V3

2001年(平成13年)11月の発売モデル〜現行まで全て対応可能です。少しでも安くヴォクシーの鍵を作りたい場合は、私たちにお任せください!レスキュー24では、お電話いただいたその日に現場に急行し、その場で即日復旧を目指します。鍵を紛失した際の、鍵の作製をはじめ、リモコンキーが効かない・鍵を閉じ込めた・鍵穴を壊された・・・など、まだまだ色々あるとは思いますが、鍵に関するトラブルには全て対応させていただきますので、レスキュー24まで、お気軽にご相談ください。v1V4

2017年05月11日 [トヨタ:レクサス]
l1


カードキー


大きさは、免許証よりも一回り小さく、厚みは普通のカードよりも3倍くらいあります。お財布には少し出し入れしにくいです。カードキーを携帯し、車に近づくとドアミラーの下についているライトが自動的に点灯し、足元を照らしてくれます。ドアノブに手を触れるとドアロックが自動的に解除されます。車を降りる際もドアノブに付いているボタンを押せばロックできます。
リモコンキーのように、ドアロックの解除やトランクを開けるボタンは付いていません。また、離れた場所からドアロックの解除操作はできません。

l4

リモコンキー


リモコンキーをポケットなどに携帯していれば、ドアノブに手を触れるとドアロックが自動的に解除されます。車を降りる際もロックスイッチ(ドアノブに付いているボタン)を押せばロックできます。
ちなみに、このロックスイッチを長押しするとドアガラスとムーンルーフを閉めることができます。
車から少し離れた場所でも、リモコンキーのボタンを押せばドアロックが解除できます。リモコンキーの方がカードキーより大きく重たいので、携帯するにはカードキーのほうが便利です。
しかし、電池が切れた際には、リモコンキーの中に鍵があるので、こちらの方が安心です。

l2

レクサスでは全グレード、スマートキー(マスターキー)にイモビライザーが標準装備されています。鍵をすべて紛失した場合、合鍵を作製したい場合は、イモビライザーとスマートキーの登録が必要となります。 レクサスのディーラーでは、通常、マスターキーがない状態でのスペアキー作製は出来ません。マスターキーを紛失し、中古車のためマスターキーがない状態ですと、キーデータに関係するコンピューターを直接編集できないため、高額部品の交換が必要となります。
このコンピューターの交換が高額なため、スマートキーの新規登録にディーラーでは20〜30万円かかる場合があります。また、レッカー移動し、部品取り寄せとなるため1週間程度の時間がかかるケースが多いです。
『カギの緊急隊』では、コンピューターの交換をしないで、スマートキー(マスターキー)の作製が可能です。費用もディーラーの半額以下で出来る車種がたくさんございます。
お電話いただいた当日、その場でスマートキーの作製・イモビライザーの登録をいたします。1時間ほどで終了いたしますので、急なトラブルでお困りの際はぜひレスキュー24ご相談ください。
l3l6

お問合せフォーム

PageTop